パンフレットとカタログの違いと印刷について

印刷物の種類にパンフレットやカタログと言う冊子があります。
一般的に、パンフレットは、広告や宣伝などに利用される冊子であり、カタログは写真などを多く掲載している、商品の案内や、商品の詳しい情報が掲載されている冊子などがカタログになると言います。
また、パンフレットは数百ページものページ数になる事も多くありますが、カタログは比較的少ないページ数で構成されているケースが多いと言える冊子なのです。



パンフレットや、カタログなどを印刷する場合、どちらの冊子でも印刷の手法は特別違いがあるわけではありません。



しかし、カタログの場合は、写真が多く掲載されている事もあり、写真のクオリティが要求されるケースが多くあることからも、刷版を作成し、大型の機械を使い、印刷を行うケースが多いと言えます。

その点、パンフレットの場合は、写真の掲載量も、冊子によりけりではありますが、写真のクオリティと言うよりも、冊子の中にある文章などが重視される事もあり、刷版などを作成せずに、ダイレクトに出力が出来ると言うダイレクト印刷を利用するケースが多くあります。
ダイレクトに出力を行う事で、刷版を不要にしますので、制作コストを抑える事が可能になります。

マイナビニュースの信頼できる情報を得るために調査した結果をまとめたサイトです。

また、部数によっては、刷版を作成した方がコストが安くなる事からも、作成部数により手法を変えられると言うメリットがあるわけです。


尚、ダイレクトに出力を行う事で制作期間を短縮出来ると言うメリットも在ります。