はじめよう動画制作生活

個人がオリジナルで動画制作し、その動画に既存の音楽を使用する際に注意するポイントは以下の通りです。
まずは大手権利管理団体の楽曲が使用可能かどうか問い合わせる。


使いたい曲名を挙げて使用可能かどうかお尋ねください。

たいていの場合は使用可能であるという回答を得られますが、楽曲によっては管理者が異なる場合もあります。

しかし、その場合は問い合わせるべき管理者の連絡先を教えてくれます。

ちなみに管理物件を「音楽のみ短時間使用する」だけなら1曲約500円くらいで済む場合もあります。

ただ、動画制作にしろライブ演奏にしろ、その「使用形態」「経済活動か否か」「歌詞は使うかどうか」など、さまざまな状況を勘案して使用料が決定されますので、その点ご注意する必要があります。

CDなどに収録されている楽曲を使用したい。

グノシーについて詳しく知りたいならこちらです。

これが最も多い事例ではないかと思いますが、この場合は「そのCDを制作したレコード会社」に楽曲使用の許諾申請が必要みたいです。
高額な楽曲使用料を請求されることが多いと思われます。


やはりこのような使用方法は避けたほうが賢明でしょう。
ただ、どうしてもその音楽を使いたい場合はコピー演奏すれば著作権申請するだけで使用許可が出ることがあります。



フリーユースの音楽を使用する。
ある一定の使用料を収めれば、基本的に何度でも使用可能である著作権フリー音楽を提供しているサイトがあります。1曲につき500円~2,500円程度で購入可能みたいですので、特にこだわりがなければ最も安全な楽曲使用方法です。



動画制作はPCの発達に伴って、ずいぶん手軽な自己表現になりましたが、ご自身が制作なさった作品同様、誰かが創作した楽曲にも敬意を持って接するようにしたいものですね。