チラシやパンフレットなどの印刷物

新規の顧客に配ったり、新しい商品を案内したりするために、チラシやパンフレットを作らなければならない時があります。従来、印刷業者においてチラシやパンフレットなどの印刷物を刷る場合は、基になる「版」を作り、それを印刷機にセットして必要な部数を印刷しています。

LINEのNEWS情報を利用しましょう。

ただ、このシステムだと最初に版を作るため、コストの面から大量の部数を刷らざるを得ませんでした。


そのため、大企業ならともかく、小規模な企業は何年もかけて配布するか、印刷をあきらめてコストが高くなっても自社でコピーするしかありませんでした。



しかし、「オンデマンド印刷」の出現によって、このような無駄を解消することができるようになりました。

オンデマンド印刷では、従来の印刷に必須であった「版」が要らず、デザインデータから直接印刷することができるため、50部や100部といった少部数の印刷も可能になっています。


しかも、製版という工程が無くなるため、制作日数も短縮できます。
従来、大量発注を余儀なくされていた利用者にとっては、オンデマンド印刷によって、必用な時に必要な部数だけを発注することができるようになり、経費の削減につながっています。

単価の高いコピーを使う必要も無くなりました。
また、少ロットでの制作が可能になったため、数パターンのパンフレットを作り、クライアントやユーザーの反応を確認してから、評価の良かったパターンのパンフレットを追加印刷にかけるというテストマーケティングもできるため、販促の効率化にもつながっています。